足の血管が目立つ方必見!下肢静脈瘤の原因とは

下肢静脈瘤の原因

発症する原因とは

足の血管が目立つようになったら、下肢静脈瘤を発症する恐れがあります。下肢静脈瘤は40代から目立つようになる病気で、原因は加齢によるもの、また女性が発症しやすいと言われています。また、立ち仕事をしていることで発症のリスクを高めてしまいます。

立ち仕事が原因の理由は?

職種によって、下肢静脈瘤になる危険性を高める可能性があります。例えば立ち仕事、さらに座りっぱなしも良くありません。下肢静脈瘤の原因となるのは、足の静脈に長時間負担をかける続けることだからです。そのため、妊娠している女性や運動不足の方、肥満の方にも発症するリスクがあります。

エコノミー症候群

エコノミー症候群をご存じの方も多いかもしれません。エコノミー症候群とは、下肢の血栓が肺の血管に詰まってしまう病気のことです。この症状によって、下肢静脈瘤を併発する可能性が高いといえます。

広告募集中