足の血管が目立つといった下肢静脈瘤の症状や予防方法

足の血管が目立つ?下肢静脈瘤の予防法

下肢静脈瘤は、発症前に予防することが肝心です。普段、立ちっぱなしや座りっぱなしで仕事をしていませんか?そんなあなたは黄色信号です!ここでは下肢静脈瘤の正しい予防方法をご紹介します。

効果的な下肢静脈瘤の予防方法ランキング

no.1

立ちっぱなしはNG!体を動かす工夫をする

下肢静脈瘤は、足の静脈に負担をかけ続けることで症状が現れるとされています。立ちっぱなしでは足に負担をかけ続けることとなります。そのため、立ち仕事だとしてもつま先立ちを行うことや、身体を動かすように工夫をしましょう。

no.2

弾圧ストッキングを利用

弾圧ストッキングとは、下肢静脈瘤が軽度な方や、治療後に用いられることがあるストッキングです。静脈の血流をよくする効果があります。したがって、下肢静脈瘤の予防にも最適だと言えるでしょう。

no.3

マッサージを行う

マッサージを行うことで、血流を良くすることができます。そのため、マッサージも下肢静脈瘤の予防となります。例えば、座りっぱなしの仕事をしている場合には、ふくらはぎを定期的にマッサージすると良いでしょう。このとき、下から上に向かってさするようにマッサージしてください。

no.4

ウォーキングを心がける!

下肢静脈瘤の原因として運動不足があります。体を動かさないでいると、血の巡りが良好に行われません。そのため、少しでも体を動かすように心がけると血流を改善することができ、下肢静脈瘤の予防や悪化を食い止めることができます。

no.5

キャベツや緑茶が効果的!

下肢静脈瘤には血液の流れが関係しています。血流を改善するためには食生活がカギとなります。塩分や脂質は血液をドロドロにしてしまうために、控えるほうが良いでしょう。また、ポリフェノールを含む食材を摂取することでむくみが改善され、下肢静脈瘤の予防につながります。

下肢静脈瘤の症状とは?

下肢静脈瘤の危険度とは?

足の血管が目立つ方は下肢静脈瘤の可能性があります。下肢静脈瘤は、場合によって大きな手術を要するほど悪化してしまう恐れがある病気です。しかし、この病気によって死亡するリスクはほとんど無く、切断をするようなこともありません。ただ、放っておいても改善されることはないので、しっかりとケアしましょう。

初期症状とは

下肢静脈瘤の初期症状として挙げられるのは、足が重たい、むくむといったものです。足先が冷たくなったり、つりやすくなるという症状も現れます。また、悪化していくと、正座がうまくできなくなったり、階段の上り下りが苦痛になってくることもあります。

悪化すると…

下肢静脈瘤が悪化してしまうと、「伏在型静脈瘤」になる恐れがあります。この伏在型静脈瘤は、足の中で一番大きい静脈の弁に異常が起こる為に発症します。症状としては、ふくらはぎ全体にぼこぼこと大きな起伏が現れます。このような症状が現れた場合には、早急に処置をしましょう。

下肢静脈瘤と似た病気

下肢静脈瘤には似ている病気が沢山あります。足が痛い、つりやすい、しびれるといった症状の場合、閉塞性動脈硬化症の場合があります。歩いていて足の痛みを感じる場合には、脊柱管狭窄症の場合もあるでしょう。足がむくむ原因にはリンパが炎症していることなどもあるため、自己判断で下肢静脈瘤と決めつけるのはやめましょう。

広告募集中